終活とは

『終活』とは

「終活」とは…人生の終焉を考えることを通じて、自分を見つめ、今をより良く、自分らしく生きる活動 単に「死」の準備をすることだけではなく、これからの人生をイキイキ(活き活き)と過ごすための活動のことです。
一般的には、
・自分の終焉を考える
終末期医療、介護、お墓、お葬式について考えること
・モノを引き継ぐ
財産の相続、遺言、形見分けなどについて考えること
・想いを伝える
自分の想いを整理して、家族、大切な人へ伝えること
このような活動をすることといわれてます。 [終活をするメリット] 自分の気持ちがスッキリする:じっくり考えることで、不安や、悩み、問題点が明確になり、準備することで不安も減らすことが出来る。/ご家族、大切な方の負担を軽くすることができる:医療・葬儀・相続などの希望を伝えておくことで、遺されたご家族や大切な方の精神的・心理的な負担や経済的な負担を軽くすることが出来る。/新しい行動を起こすきっかけができる:これからやるべきこと、やりたいことが見えてきて、悔いのない活き活きとした人生を送る準備が出来る。/ 次世代への「心」の相続:思い出、メッセージを残すことで、次世代への贈り物(心の相続)が出来る。 終活をすることは、“今をより良く生きること”につながっているのです。


なぜ、終活をするのでしょう

三世代、四世代と大家族で生活していたころは、普段の生活や、地域との関わりの中で、見る・聞く・伝えるがされていて、そして「あとは頼んだよ」と受け継ぐことが行われていました。
現在は、核家族が主流となり、子供が独立して夫婦2人世帯が増え、やがて1人暮らしにと変化し、生活の中での 見る・聞く・伝えるが出来なくなってしまったのです。
自分の「死」「死後」を自分で決めて、伝えることが必要になってきたのです。
『迷惑をかけたくない』そんな気持ちから、家族や、大切な人が困らないように自分自身が後悔しないように、終活を始める方が広がっています。


終活はいつから始めたら良いのでしょう?

終活には、「いつまでに何をしなくてはいけない」という決まりはありませんが出来なくなる可能性のある事もありますので、注意が必要です。
例えば、遺言書を作成したい、任意後見契約をしたい、尊厳死宣言書を残したいなど。
これらの契約行為は、判断能力がある時でなければできません。
判断能力がない状態での契約は無効になってしまうのです。
また、家、荷物の整理には、時間も体力も使います。
旅行、スポーツなどの趣味を始めるのも元気でないとできません。
終わりの準備というイメージから、まだ早いのでは…と考えがちですが、今をより良く、活き活きとした未来の為の活動です。
判断力・気力・体力のあるうちに今から早速、始めてみませんか。


終活は何から始めれば良いのでしょう?

自分の人生を振り返えり、見つめ直すことから始めてみましょう。
まずは、エンディングノートを書くことをお勧めします。
「何をどう考えたら…」という場合でも、エンディングノートは項目ごとに質問形式になっているので、自分の想いを整理することが出来ます。
今までの自分を見つめ、これから何を考えたらよいのか、何を準備したらよいのかご自身に必要な事がきっと見えてくるはずです。
終活には「絶対、こうしなくてはいけない」という決まり事はありません。
家族構成、生活環境、年齢、想いなど、人それぞれ違います。正解はないのです。
避けて通ることの出来ない老い、100%迎える「死」。
「縁起でもない」とおっしゃらず、後悔のない、最後まで自分らしい人生を送るために“自分らしい終活”を楽しんでみませんか。

猪瀬清美
終活カウンセラー協会認定 終活カウンセラー/供養コンシェルジュ協会認定 供養コンシェルジュ1級/日本ケアフィットサービス協会認定 サービス介助士/ファイナンシャルプランニング技能士/東大市民後見人養成講座履修
「終活」という言葉をご存じでしょうか?これは決して「終焉に向かう活動」だけをするという意味ではなく、「終焉」を見つめ、準備することで今をよりよく生きようという想いが込められています。そんな活動の案内人を「終活カウンセラー」と言います。
終活カウンセラーは終活をトータル的にサポート致します。 終活カウンセラー協会はこちら
祭囃子の新たな伝承 祭囃子伝承フォーラム 詳しくはこちら
尊厳死宣言登録 「尊厳死宣言書」はなぜ必要なのでしょうか?
[離れて暮らす親のこと、一緒に暮らす親のこと]オヤノコト.netはこちら
栃木ライフサポート 賛助企業・広告 募集中! 暮らしの豊かさにつなげてゆくこと、地域の発展を目的としたNPOライフサポートの活動をともに盛り上げていきませんか?只今、賛助企業を募集中です。